【Lesson】Gariboldi Six Duos faciles Op.145 No.2

0
    ガリボルディ フルートのためのデュエット 作品145
    6曲のやさしいデュエット より 第2曲 です。



    Allegro 2/4 ヘ長調

    アウフタクトから始まる曲です。

    同じ音のアウフタクトから始まるので、拍を見失いやすいですが、2拍子の

    |1 2|1 2|

    |強 弱|強 弱|

    を、意識しましょう。


    4小節間の 【< >】 がありますが、3小節目の ファ を目指しましょう。

    13小節目

    | ミ ソ ファ ミ | レ ファ ミ レ | ド ・・・ |

    は、ミソファミレ で1フレーズ、裏から始まる ファミレド で1フレーズ。

    それぞれを意識しましょう。

    [A]の8小節前から始まる伴奏フレーズは、

    |強 弱|

    を意識しながら、ゆるやかにクレッシェンドし、

    [A]の1小節前 【f】の ミ を目指します。

    第1テーマの[A]は、【p】です。

    [A]の13小節後のスタッカートは、切れすぎないように、余韻を意識します。
    クレッシェンドした先の 第3オクターブの ファ は【subp】(スビトピアノ) で。

    [B]からは、

    |ラ  レ  |ド#  レ  |ド# ・ファ |ミ ・ ファ | ミ


    裏拍からの動きになります。


    つづくアクセントの8分音符は、歯切れよく。

    【f】 → 【ff】 → 【p】

    を意識すると、音楽がより立体的になります。


    [C]の前のクレッシェンドは、 ファ を目指して盛り上げ、アウフタクトは【p】にします。

    4小節毎に旋律が入れ替わります。

    終わり6小節は【 p < ff 】クレッシェンドして終わります。




    ガリボルディ フルートのためのデュエット 作品145 第1集 原典版


    【Lesson】Gariboldi Six Duos faciles Op.145 No.1

    0
      ガリボルディ フルートのためのデュエット 作品145
      6曲のやさしいデュエット より 第1曲 です。



      Moderato − Allegro  4/4 ハ長調 





      冒頭 【p】 からの始まりです。

      心の中で、4つカウントしながらゆっくりと呼吸します。
      ブレスをする時は、4 のタイミングですべての息を吸い込むのではなく、
      1,2,3 でゆっくりと吸い込み、4のタイミングでテンポに合わせて少し吸い込み、
      吹く準備をします。
      4 のタイミングですべての息を吸おうとすると、アンブシュアの準備が遅れて
      美しい【p】で始められないので、前拍からの準備が大切です。

      付点4分音符を伸ばしている間も、しっかりとテンポキープしましょう。

      【p】からの【< | >】 がありますが、跳躍先の ソ ではなく、2小節目の ファ が
      山になるように演奏しましょう。(以下同様)

      アクセントのある音は、大切にテヌートで吹きます。

      3段目の伴奏部分は、1小節の中で 【< >】 します。
      近づいて、遠ざかる、ようなイメージで演奏できるといいですね。

      [A]は、2小節ずつ旋律の移り変わりがあります。
      2小節目の1拍目は余韻を残すようにして、8分休符がブチ切れにならないように注意しましょう。
      4小節目の2,3,4拍の 

      | ・ ラ ソ ファ |

      は、第一テーマに戻る前なので、少しテンポを緩めて旋律を導きます。

      [B]の4小節前からの伴奏パートは、跳躍先の音が飛び出ないように、8分休符で遅れないように
      注意しましょう。

      [B]からは、1小節ごとに 【< >】 の記譜がありますが、その記譜に従いながらも、
      3小節かけて大きくクレッシェンドし、4小節目の1拍目 タイの音でディミヌエンドし、
      ド からの付点のリズムを 【p】 で演奏します。

      その先4小節も同じく。
      4小節目で終わると見せかけて、
      Allegroへ場面転換します。

      1小節を大きく2つにカウントしましょう。
      Allegroに入って1小節目の ド の音を吹いた後、8分休符でブレスをします。

      9小節目からは

      | 〈 ミ ミ レ ド シ ・ 〉 ファ | 〈 ミ ミ レ ド シ ・ 〉 ファ

      | 〈 ミ ソ ラ シ ド ソ ラ シ 〉| 〈 ソ ラ シ ド ソ ラ シ 〉|

      |ド ・ ミ ・|ド ・ ミ ・|ドーーー|



      となります。

      大いに盛り上げましょう。




      ガリボルディ フルートのためのデュエット 作品145 第1集 原典版

      【Lesson】Gariboldi Six Duos Melodques Op.145 No.3

      0
        【Lesson】Gariboldi Six Duos Melodques Op.145 No.3
        6曲の旋律的デュエットの3曲目です。





        Andante 3/4 ヘ長調 - Allegro elegante 6/8 ハ長調


        出だしから、10小節目に向かって大きな山を作るようにしましょう。

        これから何が始まるか予感させるような、霧の晴れてゆく様をイメージして。

        付点のリズムは、3連符の様にならないよう気をつけましょう。

        8小節目からの【 ∧ 】(アクセント)は、余韻を残すように吹きます。(弦楽器のダウンボーイングの様に)

        続くトリルの運指は

        【ドレドレ】 右手手前のトリルキー

        【レミレミ】 レ の指使いの左手薬指をトリル

        【ミファミファ】 ミ の指使いの左手中指をトリル

        4小節かけてクレッシェンドします。

        3段目は、同じ動きの2ndパートの伴奏。

        4小節目を目指してクレッシェンドして、終止します。


        Poco piu からは、少し前向きな音楽になります。

        この前までの横に流れる音楽から、スタッカートの快活な動きへと場面転換します。

        16分音符が滑らないように注意しましょう。
        アクセントは3オクターブ目ですが、ぶつけた音にならないように、よく歌います。

        |《ファソファソ》《ファラソファ》《ミソファミ》|ファ・・|

        は、ヘ長調の終止の形なので、

        |ファ ファ ミ|ファ・・|

        の、動きであることを意識しましょう。

        つづく伴奏パートは、裏拍が跳躍になっていますが、3拍子のリズム感がでるように注意して演奏します。




        Tempo  冒頭部分と同じ




        Allegro elegante


        eleganteは、優雅に の意味

        拍子は大きく2つにカウントします。

        |  2 3  5 6 |

        冒頭の旋律は、

        ドーシーラーソーファーミ

        の、下降型になっている事を意識します。


        8分音符の動きなのでわかりやすいのですが、意図的にタイミングを外して面白さを出す書き方をしているので、
        多少難しく感じるかもしれませんね。

        多く使われているパターンは

        | 1  3 4  6 |  2 3 4 5 6 |


        1小節目の2、4の音にアクセントと2小節目の1拍目が sf になっています。


        |  2 3  5 6 |


        の部分との比較を出して、リズムの面白さを表現しましょう。


        練習番号〈A〉の、9小節目の休みは、本来は前のフレーズの終止音がある筈の部分です。
        わざと、外す書き方ですね。

        よって、一小節前は唐突に終わる感じで、休符は[無音]にしましょう。


        終わり、6小節はエンディング部分です。

        |〈ラ シ ド〉〈シ ラ シ〉|ドーーー|


        で、終止してもよかったのですが、最後まで面白くつくってしまおうと思ったのでしょうか?

        昔のコメディー映画の最後のように、急激にアクセルを踏む感じでドタバタして終わると面白いと思います。



        ガリボルディ フルートのためのデュエット 作品145 第1集 原典版

        << | 2/3PAGES | >>