今週の全調練習第16回 「歌の翼」による幻想曲

0
    フルートを習い始めて間もない頃、この曲にあこがれて練習をがんばろうと思っていました。
    旋律がとても素敵な「歌の翼」による幻想曲です。

    元のメロディはメンデルスゾーンの歌曲ですが、シュテックメストがアレンジを加えテクニック的にも華やかなコンサートピースに仕上がりました。
    今では、広く知られた人気の曲ですね。

    さて今日はその元のメンデルスゾーンの旋律を全調練習します。

    途中で切れるフレーズではなかったので、ワンフレーズ丸ごと移調しました。
    全調練習するには骨が折れます。しかし、ひと回りして元に戻ってきたときにはなんとも言えない達成感が待っていることでしょう。
    そして、この音楽を自分のモノとしてワンランク上の表現が出来るようになっていると思います。



    全4ページPDFダウンロード




    フルート2重奏版




    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    吹いた分だけ「歌」はあなたの中で翼を広げる
    上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


    齋藤寛フルート研究所

    今日フルートを手にした初心者の方から、
    ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
    随時レッスンを受け付けています。
    詳しくはこちら


    YOUTUBEチャンネル


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今週の全調練習第15回 J.S.バッハ 組曲 ハ短調 BWV997より

    0
      早いもので年が明けてから4週間がたってしまいました。

      去年もそうでしたが、年の瀬になると、

      「今年はいったい何をしてきたかな?・・・あ゛あ゛あ゛、何もしてないかも・・・」

      となるのが、恒例ですが、

      「今年こそは!」そうならないように、精一杯日々を積み重ねていけたらと思います。



      さて、今週の全調練習です。

      J.S.バッハ 組曲 ハ短調 BWV997よりプレリュード

      原曲は、リュート組曲 第2番 ハ短調 BWV997です。

      最近では、フルートのレパートリーのひとつになっています。
      旋律と和声の美しさで人気の曲ですね。

      オリジナルの楽譜はこちらで入手できます。

      IMSLP ペトルッチ
      http://imslp.org/wiki/Suite_in_C_minor,_BWV_997_(Bach,_Johann_Sebastian)

      それでは、そこからお気に入りの部分を抜き出して全調練習してみたいとおもいます。



      PDFダウンロード

      十六分音符の羅列で難しそうにみえますよね?


      実際、


      まぁ、難しいですけど、、、


      音が滑らかにつながるように意識して、和声の変化を感じましょう。


      跳躍の上の音が飛び出ないように、均等な響きを目指します。


      難しい曲ですが、やりがいがあるのと共に、日々の練習をロマンティックなものにしてくれるでしょう!


      [抜粋]
      ・原調






      ・ト短調






      ・ロ短調






      ・ニ短調








      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      楽しみながら、いつの間にか吹ける様に!が理想です。
      上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


      齋藤寛フルート研究所

      今日フルートを手にした初心者の方から、
      ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
      随時レッスンを受け付けています。
      詳しくはこちら


      YOUTUBEチャンネル


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      【和声感トレーニング】第3回 春よ、来い サビ部分

      0
        【和声感トレーニング】(不定期)第3回目は、松任谷由美の名曲「春よ、来い」のサビ部分[春よー遠き・・・]です。

        著作権の都合上、メロディー譜は表示できないので旋律を思い浮かべながら和声を感じましょう。




        3種類の和音しかありません。

        原曲はフラットが5つなので、移調して調号無しにしました。練習し易い調で響きをつかみましょう。

        サビの部分は、この進行をリピートしています。

        この曲意外でも、たくさん使われている王道の進行なので、慣れたら他の曲でも気づくと思います。

        音を合わせて響きの中に入ってみると、より実感できるでしょう。



        フルート2重奏のための 春よ、来い  

        特に凝ったつくりではないけれど、旋律の美しさと、やさしい和音の進行が胸を打つ名曲だと思います。
        サビ意外の部分も言葉と音楽がかみ合った秀逸な節回しで、シンプルな中にセンスの光る楽曲です。

        常に「言葉」を意識すると情緒豊かな演奏になると思います。

        難易度は、アルテス第一巻終了程度です。
        「調無し」に移調したので、初心者の方でも取り組みやすいと思います。
        是非、チャレンジしてみてください。


        こちらは原調のキー。


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        もうすぐ春ですね。ちょっと❃❁❀✱❒
        上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


        齋藤寛フルート研究所

        今日フルートを手にした初心者の方から、
        ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
        随時レッスンを受け付けています。
        詳しくはこちら


        YOUTUBEチャンネル


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        << | 2/10PAGES | >>