今週の全調練習第14回 アンダンテ K.315

0
    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします。


    新年一発目は、モーツァルトのアンダンテより中間部(14小節目から)sotto voce(小声でささやくように)のフレーズです。

    楽譜にダイナミクスの記載はありませんが、sotto voceの通り、直前の「f」のフレーズに対して、音色を変えて「p」か、「mp」のニュアンスがよいでしょう。

    高音域での表現は非常に難しいと思います。sotto voceの吹き方を探りながら原調へもどると、よりその表現がしっくりくるでしょう。また、原調より下の音域では、sotto voceの表現がしやすくなるため、理想の音色を探求できるでしょう。

    このフレーズは複雑なので、移調に慣れるまで、ゆっくりと丁寧に練習します。













    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    本年もよろしくお願いいたします。
    上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


    齋藤寛フルート研究所

    今日フルートを手にした初心者の方から、
    ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
    随時レッスンを受け付けています。
    詳しくはこちら


    YOUTUBEチャンネル


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック