【Lesson】Altes Flute Method Book機Lesson13

0
    Allegro 3/4 イ長調




    テーマと2つの変奏からなる曲です。

    テーマは8小節のフレーズ、4分音符で動くシンプルなメロディーです。
    1小節を1つでカウントして、3拍子のリズムにのって演奏します。

    同じ四分音符でも、拍子感をもって演奏しましょう。

    ラ ラ | ソ# ・ |・・・・以下同様。


    第一変奏

    8分音符の動きで、音数が増えて少し大変になると思います。
    テンポ変化の指示はありませんが、出来るテンポで遅く演奏しても良いです。

    上行の音型は

    |ド# ミ ラ ド# シ ラ

    と、なりやすいので、

    ド# ミ ラ ド# シ ラ |


    3拍子に聴こえるように演奏しましょう。

    6、7小節の動きは

    今まで1小節が

    2+2+2 だったものが、

    3+3 に変わるので、音型に惑わされて急がないように気をつけましょう。



    第2変奏

    3連符の動きで一層難しくなります。
    1小節目はイ長調のアルペジオです。3オクターブまでの跳躍でスマートに演奏するには、とても大変な音の並びです。

    |ラ ド# ラ゛゛ー


    叫んだような音にならないように気をつけます。

    変奏の中でも、テーマが聴こえるような演奏を心がけましょう。

    フルートは音の跳躍が非常に苦手な楽器です。この第2変奏は、ほぼ跳躍の練習曲になっているので、
    辛抱強く、ゆっくり丁寧に練習していくことが大切です。
    また、テンポが速いとタンギングも大変になってきますので、舌を正確にコントロールできるように、
    日々練習しましょう。

    正確なタンギングとアンブシュア、正しい口内のポジションは、良い音をつくる上で密接な関わりがあります。

    最もスムーズに音が反応し、効率よく舌の動くポイントを意識しながら練習を進めると、吹き方のコツをつかむのが速いと思います。




    アルテス フルート奏法 第一巻 植村泰一 訳・解説




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック