ヴェニスの謝肉祭(ジュナン) フルート2重奏完全版

0
     フルートを初めてまだ間もないころ、マルセルモイーズの演奏するヴェニスの謝肉祭を聴いて衝撃を受けたのを覚えています。アルテスの一巻を練習していたので、指も音もおぼつかなく、フルートという楽器でどんなことが出来るのか、ロングトーンや付点のリズムを吹きながら、なにも想像もできなかったところ、およそ同じ楽器とは思えないほどに、華麗なテクニックで生き生きした音楽は、幼かった心を突き抜けて痺れさせ、音楽の道に誘われたといっても過言でありません。この曲をこんな風に吹きたい、との思いを持って日々精進しているところですが、昔受けた衝撃も今も変わらず、モイーズの録音を聴くたびに感じています。
     広く知られているモイーズのレコードは、序奏のカデンツァから始まりテーマ、第2変奏、第3変奏、飛んで第8変奏で終了となります。昔のSPレコードの収録時間の関係で、大幅にカットされたらしいですが、これだけでも十分に凄さのわかる演奏です。やはり当時も爆発的にヒットしたレコードだったようです。

     今回は、そんなモイーズへの思いも込めて、全曲を2重奏へ編曲しました。
    序奏、間奏を含む全てのヴァリエーションの完全版です。もともとのフルートパートの演奏部分はそのままに、ピアノ間奏部分を補筆しました。
    ピアノパートは2ndパートへ可能な限り原曲に近くアンサンブルが成立するように編曲しました。

    なかなか全曲を通して演奏することのない曲ですが、ピアノパートも含めて、必要最小限の伴奏の中で演奏することで、いっそう曲に対する理解が深まると思います。

    また、新しい2重奏のレパートとして演奏会やレッスンでもお役に立つのではないかと思います。



    楽譜はDLmarketよりお求めいただけます。
    (コンビニ印刷にも対応しています。詳しくはこちら

    ¥998(税込み)

    A4サイズ 27ページ(表紙含)
    ・1stパート譜 10ページ
    ・2ndパート譜(スコア表示)16ページ
    ※2ndパートは1stの動きを見ながらの演奏が適しているためスコア表示です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ヴェネツィア・カーニバルが誕生したのは1162年
    上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


    齋藤寛フルート研究所・Japan Duo Notes

    今日フルートを手にした初心者の方から、
    ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
    随時レッスンを受け付けています。
    詳しくはこちら


    YOUTUBEチャンネル


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    【2重奏曲集】モーツァルトの小さな翼

    0
      以前より構想を温めていた曲集がやっと完成しました。
      約30年、K.626レクイエムに至るまで、膨大な量の作曲をしてきたモーツァルトの第一作目を含む幼児期の作品集です。
      正式に出版されていたものではなく、スケッチとして残るもので自身による指示がほとんどありません。そのため、解釈は様々あり、過去に出版されたピアノ譜と直筆譜、数少ない録音を頼りに、編曲と実演を繰り返し、49曲を2重奏で演奏可能な形に作り変えました。

      本書のまえがきでも触れていますが、ロンドン・スケッチと呼ばれている曲集はモーツァルト一家がロンドン旅行中、父レオポルトが病にかかったため足止めを余儀なくされた期間に書かれたものです。ピアノを弾くことを禁じられていましたが、日々溢れるアイディアを書き留めたもと言われています。
      数ヶ月前には交響曲を書き上げ、この期間には6曲のソナタを発表しています。

      一般的にピアノの曲集として取り上げられますが、このようなことから、このスケッチブックは、発表を前提とした作品ではなく、やはり、思い思いにアイディアを書き留めたノートだと思います。

      ピアノを含め他の楽器、更に言えば「音楽全体」への旋律と捉えれば、解釈の範囲は格段に広がります。

      このスケッチを書いた時、モーツァルトの頭の中ではどんな壮大な音楽が奏でられていたのか、今では伺いしれませんが、このようなことも想像しながら演奏してみると、より一層身近に感じられると思います。

      フルートの演奏は参考までに。
      「All Instruments(すべての楽器)」で演奏可能なように編曲を進めました。

      以下、まえがきより抜粋

      本書は、モーツァルトが5歳の時初めて作曲したK.1から父レオポルトによる幼児教育期が終わる8歳頃に作曲されたK.5まで、そして同時期ロンドンを旅行中にスケッチされたK.15a - K.15qqのいずれもピアノ(クラウザン)のための曲集、合計49曲を2重奏のために編曲した曲集です。
      如何にしてモーツァルトが天才といわれる力量を身につけたのか、最初期の作品を追うことで理解が深まると考えました。
       各曲は短いながらもウィットに富んだ内容の濃い作品ばかりです。

      収録
      K.1-K.5 (1761-1764 ザルツブルグ)
      K.15a-K.15qq「ロンドン・スケッチ」(1764 ロンドン)

      この進歩的で普遍的な旋律をピアノ以外のすべての楽器でも親しめるように、との思いで、音域と調号を調整し、音域は※「五線下のド」から「第3オクターブのファ」まで、調号はシャープ、フラットをそれぞれ3個までの調にしました。
      (※一部「五線下のシ」の表記がありますが、調整可)

       モーツァルトの活躍した「古典時代」は、歴史的に重要なレパートリーが数多く生まれた時代です。しかし、フルートをはじめ管楽器にはオリジナル曲が少ない時代でもあります。ピアノやヴァイオリンなどは、曲も多く練習でも触れる機会があり、自然と音楽のニュアンスを取り込む事ができますが、その他の楽器はそうではありません。その点においても、この制約のない小品は荒削りながらも後の世に多大な影響を与える要素を多分に含む魅力的な作品として奏者の想像力に「小さな翼」を与えてくれると確信しています。
       最後になりましたが、この曲集が日々の練習、コンサートプログラムへの新しいアプローチとしてご活用いただけるのなら、この上なく幸いなことです。それでは、5歳児の羽ばたく無限の可能性へご一緒しましょう。(本書まえがきより)


      〈参考演奏〉

      ダイジェスト




      [Part 1]
      1761-1764 ザルツブルグ


      1.Andante K.1a
      2.Allegro K.1b
      3.Allegro K.1c
      4.Menuet K.1d
      5.Menuet K.1e-f
      6.Menuet K.2
      7.Allegro K.3
      8.Menuet K.4
      9.Menuet K.5



      [Part 2]
      K.15a-K.15z「ロンドン・スケッチ」(1764 ロンドン)


      1.Allegro K.15a
      2.Andantino K.15b
      3.Menuet K.15c
      4.Rondo K.15d
      5.Contredanse K.15e
      6.Menuet K.15f
      7.Prelude K.15g
      8.Contredanse K.15h
      9.Menuet(Major) K.15i - (Minore) K.15k
      10.Contredanse K.15l
      11.Menuet K.15m
      12.Andante K.15n
      13.Andante K.15o
      14.Allegro assai (Sonata) K.15p
      15.Andante K.15q
      16.Allegro guisto K.15r
      17.Hornpipe K.15s
      18.Allegro (Piano Sonata)K.15t
      19.Siciliano K.15u
      20.Allegro molt (Finale) K.15v
      21.Allemande K.15w
      22.Allegro (Piano Sonata) K.15x
      23.Menuet K.15y
      24.Gigue K.15z


      [Part 3]
      K.15aa-K.15qq「ロンドン・スケッチ」(1764 ロンドン)


      1.Allegro, K.15aa
      2.Piano Sonata K.15bb
      3.Menuet K.15cc
      4.Andante K.15dd
      5.Menuet K.15ee
      6.Menuet K.15ff
      7.Cotillon K.15gg
      8.Rondo K.15hh
      9.Air K.15ii
      10.Allegro assai K.15kk
      11.Presto K.15ll
      12.Adagio K.15mm
      13.Menuet K.15oo
      14.Menuet K.15pp
      15.Menuet K.15qq



      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      【2重奏曲集】モーツァルトの小さな翼
      著者 齋藤 寛
      難易度 初級~
      記譜 2段 ト音譜
      収録 K.1-K.5 (1761-1764 ザルツブルグ)
         K.15a-K.15qq「ロンドン・スケッチ」(1764 ロンドン)
         合計 49曲

      仕様 PDFファイル A4サイズ88ページ 
      販売価格 ¥2160(税込)

      楽譜ダウンロード http://www.dlmarket.jp/products/detail/528083
      (会員登録が必要です。Amazon、YahooID、楽天、Facebook、Twitterのそれぞれのアカウントでもログインできます。)

      ---プリンターをお持ちでない方、ネットショッピングに不安なかたへ---
      普通紙プリンター出力(製本ではありません)でよろしければ直接お送りすることもできます。
      ¥2,300(税込・送料込)

      詳しくはメールにて「モーツァルトの小さな翼」と明記の上お問い合わせください。
      追ってご連絡いたします。

      info◎flote.info
      (迷惑メール防止のため:◎を@に変更してください)

      [flote.infoからのメールを受信できるようにドメインの設定をお願いします]

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      5歳児に刺激を受けました。
      上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


      齋藤寛フルート研究所

      今日フルートを手にした初心者の方から、
      ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
      随時レッスンを受け付けています。
      詳しくはこちら


      YOUTUBEチャンネル


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




      【重要】フルートデュオ名曲集25 精霊の踊り 記譜ミスについて

      0
        ご購入者さま各位

        日ごろよりあたたかなご声援ありがとうございます。
        2016年に発売しました「フルートデュオ名曲集25」に収録の「精霊の踊り」に一部記譜のミスがありました。
        ご利用のみなさまにはご不便をおかけしましてすみませんでした。
        ここに、差し替えデータをご用意しましたのでご利用ください。
        インターネット販売のため、すべての方のご連絡先を把握しているわけではありませんので、一般公開とさせていただきました。目に留まりましたら差し替えをお願いします。

        ダウンロード

        初めてお目にかかる方には、曲集のサンプルとして参考にしていただければと思います。

        引き続き「フルートデュオ名曲集25」をよろしくお願いいたします。

        2017年3月14日
        齋藤寛





        | 1/2PAGES | >>