calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

categories

archives

 

 

【和声感トレーニング】第3回 春よ、来い サビ部分

0
    【和声感トレーニング】(不定期)第3回目は、松任谷由美の名曲「春よ、来い」のサビ部分[春よー遠き・・・]です。

    著作権の都合上、メロディー譜は表示できないので旋律を思い浮かべながら和声を感じましょう。




    3種類の和音しかありません。

    原曲はフラットが5つなので、移調して調号無しにしました。練習し易い調で響きをつかみましょう。

    サビの部分は、この進行をリピートしています。

    この曲意外でも、たくさん使われている王道の進行なので、慣れたら他の曲でも気づくと思います。

    音を合わせて響きの中に入ってみると、より実感できるでしょう。



    フルート2重奏のための 春よ、来い  

    特に凝ったつくりではないけれど、旋律の美しさと、やさしい和音の進行が胸を打つ名曲だと思います。
    サビ意外の部分も言葉と音楽がかみ合った秀逸な節回しで、シンプルな中にセンスの光る楽曲です。

    常に「言葉」を意識すると情緒豊かな演奏になると思います。

    難易度は、アルテス第一巻終了程度です。
    「調無し」に移調したので、初心者の方でも取り組みやすいと思います。
    是非、チャレンジしてみてください。


    こちらは原調のキー。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    もうすぐ春ですね。ちょっと❃❁❀✱❒
    上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


    齋藤寛フルート研究所

    今日フルートを手にした初心者の方から、
    ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
    随時レッスンを受け付けています。
    詳しくはこちら


    YOUTUBEチャンネル


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今週の全調練習第14回 アンダンテ K.315

    0
      明けましておめでとうございます。
      本年もよろしくお願いします。


      新年一発目は、モーツァルトのアンダンテより中間部(14小節目から)sotto voce(小声でささやくように)のフレーズです。

      楽譜にダイナミクスの記載はありませんが、sotto voceの通り、直前の「f」のフレーズに対して、音色を変えて「p」か、「mp」のニュアンスがよいでしょう。

      高音域での表現は非常に難しいと思います。sotto voceの吹き方を探りながら原調へもどると、よりその表現がしっくりくるでしょう。また、原調より下の音域では、sotto voceの表現がしやすくなるため、理想の音色を探求できるでしょう。

      このフレーズは複雑なので、移調に慣れるまで、ゆっくりと丁寧に練習します。










      【フルートデュオ名曲集 25】より


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      本年もよろしくお願いいたします。
      上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


      齋藤寛フルート研究所

      今日フルートを手にした初心者の方から、
      ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
      随時レッスンを受け付けています。
      詳しくはこちら


      YOUTUBEチャンネル


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      今週の全調練習第13回 カルメンより間奏曲 エンディング

      0
        美しい旋律が印象的な間奏曲です。
        ゆったりと感情を込めて歌うようにしましょう。

        しかし、

        エンディングは pp(ピアニッシモ)で、smorz.([伊]smorzando だんだん消えるように、だんだん弱くしながら遅く)。しかも、第3オクターブの「ソ」のロングトーン!

        最後の最後に、一番の難関が待ち受けています。

        「綺麗な薔薇には棘がある」とは、このことなんでしょうかね?!

        練習は、原調のメロディをよく覚えてから、オクターブ下。そして、そこからやり易い調で音色を探る。

        様々な調、音域で慣れたあかつきには、原調が以前よりはるかに吹きやすくなっているでしょう。





        それでは、

        練習の成果は、

        一緒にアンサンブルで楽しみましょう。

        参考演奏(デュエット)

        【フルートデュオ名曲集 25】より


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        交わる音は素敵です。
        上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


        齋藤寛フルート研究所

        今日フルートを手にした初心者の方から、
        ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
        随時レッスンを受け付けています。
        詳しくはこちら


        YOUTUBEチャンネル


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        今週の全調練習第12回 「アルルの女」第2組曲〜メヌエット 中間部

        0
          フルート名曲集より

          「アルルの女」第2組曲〜メヌエット

          ppの繊細なメロディから一転、力強い演奏が求められるパートです。
          フルートでも鳴りやすい音域ですが、ヒステリックな表現にならないよう太く響きのある音を目指しましょう。









          練習の成果は、アンサンブルで響きを確かめます。



          【フルートデュオ名曲集 25】より

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          実はちょっとしたコツ。あなただけに。
          上達のための非常識なアイディアが盛り沢山


          齋藤寛フルート研究所

          今日フルートを手にした初心者の方から、
          ステップアップを目指すかた、もっと音楽を楽しみたい方、
          随時レッスンを受け付けています。
          詳しくはこちら


          YOUTUBEチャンネル


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          フルート四重奏 宵待小町 「白銀を渡る雪花の採光」

          0


            日時 2017年1月8日 日曜日、13:00食事 14:30開演
            場所 Barまいどおおきに
            渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル4階
            料金 ¥4,500 豚玉&1ドリンク付き

            宵待小町

            | 1/20PAGES | >>